ハラガケ

初めは豆粒みたいな大きさでしたが、約2ケ月でだいぶ成長しました。

 

 

トウブハコガメ

トウブハコガメのベビーです。劇的変化のハコガメ。

バリエーション

最近発売された「アメリカハコガメの飼育術」素晴らしい。

ガルフコーストハコガメが思いのほかバリエーションが多いとありましたが本当ですね。

 

花火模様

ミツユビハコガメのベビーです。

放射模様が夜の花火のようで美しい。

 

セマルハコガメ ペア

チュウゴクセマルハコガメのペアです。

格安販売中

気になる方はメール又はラインにてご連絡下さい。

※オス1、メス2のトリオも可

 

フクロモモンガ ベビー

現在、脱嚢後約1ケ月のリューシベビーが全部で3匹います。

毎日ミルクをたくさん飲んでいます。あと1ケ月後位に販売開始予定です。

熊本県産

熊本県産のニホンイシガメが届きました。

成長すると静岡県産とは違う色合いになっていくのでとても楽しみです。

ガルフの成長

上の個体くらいの大きさの子が約半年で下の大きさになりました。

丈夫で成長が早いというのは嬉しいですね。

種子島産オス

種子島産ニホンイシガメのアダルトオス。なかなか良い顔をしています。

旅立って行くことになったので最後に一枚パシャリと。

ハラガケガメ


ハラガケガメCBが2匹入荷しました。

お腹の黄色の模様が綺麗です。

お馴染みですが、この大きさで口を開けている姿がとても可愛い。

CBは配合飼料を食べてくれるので嬉しいですね。

 

キボシイシガメ

甲羅に星のような綺麗な模様がある亀です。

小型で寒さに強くて綺麗という3拍子が揃っているので大変人気があります。

星がどのように出るのか成長に伴う変化を見ることも出来ます。

ミツユビハコガメ

団子3兄弟・・ではなく、ミツユビ3兄弟。ベビーから一回り成長した安心サイズ。

ストックルームにて販売しています。気になる方はご連絡下さい。

ガルフベビー

色々なタイプのガルフコストハコガメを選んできました。ブラックタイプとイエローやオレンジタイプは随分印象が違いますね。

甲羅に穴が開いている??みたいな、おもしろい模様のある子もいます。

もちろん穴は開いていません。丸い部分が透明になっていて中が透けているわけでもありません。ただの柄です。でも写真だけでなく実物を何回見ても、凹んでいそうな錯覚に陥るのでついつい触ってしまいます。成長が楽しみです。

ホルスフィールドリクガメ

ホルスフィールドリクガメのトリオです。フルアダルトは意外と見ることが少ないですね。

 販売中

セマルハコガメ

頭部の黄色が綺麗なチュウゴクセマルハコガメ。外で飼育できる賢くて丈夫なカメです。

飼育環境

飼育環境のご質問が時々ありますので少しご紹介。

ベビーから少し成長して尻尾を噛み合わないようになったら、産地ごとに複数飼いしています。陸地は100均の網に人工芝をインシュロックで固定したものを使用しています。

ある程度の日陰にもなりますし、形を自由に変えられるのでおすすめです。

スジクビヒメニオイ

名前の通り首にスジが入っている人気のニオイガメ。陸場も不要で大きくならないので省スペースで綺麗なカメを飼いたい方にはとても良いです。

コントラスト

イエロー系ヤングのニホンイシガメです。

 

シーム付近の黒がはっきりしてしてメリハリが強いと黄色が引き立ちます。

 

この系統の個体達は足のオレンジのラインがはっきりしていない子達が多い気がします。

 

 


孵化

本日も20匹ほど孵化しましたが、ハイオレンジがなかなか孵化しません。猛暑の影響でしょうか。

 

人口飼料爆食

孵化したニホンイシガメが人口飼料に餌付いたので、販売を開始しました。

人口飼料爆食で成長線がばっちり出始めています。

繁殖個体は成長が早いのでWCをあっという間に追い抜いてしまいます。

2018CB

今年最初に産卵したニホンイシガメの孵化が始まりました。どんな色の子が出るか楽しみです。人口飼料を食べるようになりましたら販売を行いたいと思います。

 

ニホンイシガメの卵が汗をかきはじめました。

連日の猛暑で暑くて?ではありません。

孵化が近づくとこのようなサインが現れることがあります。

数日後には赤ちゃんが出てくると思います。

寝顔

2匹で仲良く寝ています。フクロモモンガは寝顔がとてもかわいいですね。

現在、リューシベビーは3匹います。

値段も交渉OKですので、お気軽にお問合せ下さい。

ビルマホシガメ


2013年にサイテスⅠに格上げされたビルマホシガメのオスです。

ビルマホシガメは比較的丈夫なリクガメで、上から見ると非常に規則的な星模様があります。

甲長約19㎝、CB飼い込み個体。サイテス登録票あり。

気になる方はご連絡ください。

リューシベビー

本日確認したところ随分成長していました。

脱嚢後、約1ケ月です。お腹もぷっくりしていて元気いっぱい。

熊本県産ニホンイシガメ

熊本県産のニホンイシガメです。

シーム付近の黒が強く、ダークな色合いがとても魅力的です。

ガルフ

ガルフコーストハコガメ

成長スピードがとても早い。

そんなよーさん食べへんやん普通 半端ないって と思う。

 

フクロモモンガ


就学前の次女の事が大好きなフクロモモンガ君です。

大きさとモフモフ感からか、シルバニアファミリーの家に入っても、違和感が無い感じ。

フクロモモンガが人気があるのは、慣れれば子供でもスキンシップが取れる所と、世話をしてくれる人をしっかりと見分けるところがあるのかなと思います。

 

ヤング入荷

二ホンイシガメのヤングが入荷しました。

人口飼料に餌付き次第販売します。

お腹から足が。

フクロモモンガのメスのお腹のあたりに何かあるなと思ったら、赤ちゃんの足でした。

頭と体は袋の中にあるので見えませんが、足の大きさを見ると結構大きいことが分かります。

 

メスはお腹の中に2匹の赤ちゃんがいますので、かなり大きいお腹をしていますが、夜になると身軽な動きでゲージを動きまわります。

もう少しするとベビーが自分で餌を食べるようになるので袋の中から出てくると思います。

 

他のリューシペアーも2匹の赤ちゃんがお腹にいますので、近いうちに4匹ベビーが出てくる予定です。

 


ニホンイシガメ産卵

今年のニホンイシガメの初産卵は6/7でした。メスとオスになることを狙い温度の違う2カ所で保管。8月の初めには孵化すると思います。

クラウン

ボールパイソンのクラウン

可愛い顔のボールパイソンが多い中で、クラウンはカッコいい系といった感じですね。

屋久島産

ベビーから約半年経過した屋久島産ニホンイシガメ。

倍くらいの大きさに成長しました。

派手さはありませんが、良い色合いです。あと、首を伸ばすと他の産地より首がなんとなく長い気がします。首を引っ込めた状態でこんな感じです。

ガルフコーストハコガメ

顔の色が綺麗な子。

イベント出店

4/22に浜松市で開催される「エキゾチックレプタイルエキスポ」に出店します。

フロリダハコガメ オス

貴重な成長したフロリダハコガメ!

成長しても美しいままというのがうれしいですね。このサイズになると顔にも迫力が出てきます!

フロリダハコガメ 

メスのフロリダハコガメです。

甲羅の放射模様が非常に美しいハコガメです。顔も派手ではありますが、カロリナハコガメの中ではやさしい感じ。屋外飼育できるところも素敵。

リューシベビー成長


フクロモモンガのベビーたちが順調に成長しています。

元気で好奇心いっぱいのかわいい子たちです。

真っ白でふわふわな毛と真っ黒のつぶらな瞳がチャームポイント。

ニホンイシガメTシャツ

ニホンイシガメのTシャツを作成!

Southにいる柄の綺麗な子を基にデザインしました。ニホンイシガメの魅力がたっぷりです。ニホンイシガメのTシャツはあまり見かけないので、気になる方は是非ご検討下さい。

フクロモモンガ ベビー

先週、2匹のリューシベビーが確認できました。

まだ目も開いていませんが、お母さんのお腹にしっかりとつかまっています。

 

ニホンイシガメ オス

ニホンイシガメのイエロー系オスです。

 

16センチ近くあるので、ニホンイシガメの中ではかなり大きなオスです。

 

このサイズのオスになると尻尾もそれなりに太くなります。

 

ニホンイシガメは手足だけでなく、尻尾のこのオレンジのラインもカッコいいですね。

 

 

 


フクロモモンガ

お腹の袋にベビーがいるのは分かりますが、まだ顔を出しません。

フクロモモンガは、感情を鳴き声で表現します。怒っている時は、どこからそんな音を出してるの?という感じですが、機嫌がいい時の鳴き声はとてもがかわいいです。

ガルフコーストハコガメ

屋外飼育可能な丈夫なカメです。

なんとなく賢そうな顔をしていますね。

種子島産

ニホンイシガメの種子島産ベビー

分かる人には分かる違いが沢山あります。ニホンイシガメは産地により結構違いがあるのでそれを楽しむ事もできます。

 

 

ケヅメリクガメ

ケヅメリクガメのベビー。

大きくなると迫力があるカッコいいカメですが、このサイズの時は大きな頭とつぶらな瞳がとてもかわいいです。成長が速いだけあって食欲はすごいです。

屋久島産ニホンイシガメ

屋久島産のニホンイシガメ。

隣の種子島産より少し明るい色調をしています。

今後の変化が楽しみです。

ニホンイシガメ 柄

本土ではない産地のニホンイシガメです。

イエロー系ですが柄の入り方が綺麗な個体が多いので個人的には気に入っています。

ニホンイシガメは色もそうですが柄もかなり違いがあるので選ぶポイントに出来ると思います。

ニホンイシガメ 白?

孵化して1~2ケ月の子たちです。

イエロー系ですが白?っぽく成長している個体がいます。(左下)

湯葉にちょっと似ているなと思いました。

ニホンイシガメ オレンジ系

オレンジ系が孵化しました。今年は例年より少し遅い孵化となりました。

※左上の1匹はノーマル(色の比較のため)

 

アオダイショウ


2m近いアオダイショウです。

お腹の青が良い発色していて非常に綺麗です。

※右の写真はお腹の色を撮るために、アップで斜め下から撮っています。斜め上から撮った左の写真とかなり色が違うように見えますが、同じ個体です。

この位のサイズになると顔に貫禄が出てきて、さらに格好良くなります。

 


ニホンイシガメ ハイイエロー

イエロー系といっても、ニホンイシガメには色々な色のタイプがあるように思います。

表現が難しいですが、薄い黄土色系、透明感のあるレモンイエロー系、メリハリのあるクリームイエロー系など。

写真のようにハイイエローで少しオレンジが入るタイプもいます。

どのタイプもイエロー系はやはり人気があります。

ニホンイシガメオレンジベビー

オレンジがベッタリの子が出たりもしています。

我が家のCBなので土の色が付いている訳ではありません。

よく見る下のタイプの子と比べると違いが分かります。

成長が楽しみな個体です。

ヤングサイズ

ニホンイシガメのヤングサイズも販売中です。

ニホンイシガメのベビー販売開始

ノーマルとオレンジ系が人口飼料を食べ始めました。

ご予約を頂いている方から随時販売させて頂きます。

 

孵化したばかりの子ガメは甲長と同じ位の長いしっぽを持っています。

2017CB

今年のニホンイシガメの孵化が始まりました。

人口飼料を食べ始めたら販売開始します。

オオアタマクサガメ


オオアタマクサガメが入荷しました。

当然、ニホンイシガメとは完全に隔離してストックしています。

 

種子島産成長

種子島産のニホンイシガメが成長して、少しづつ色が出てきました。

ベビーの頃はかなり地味でしたが、渋めの黄色が出てきて、予想外に綺麗になってきました。

成長スピードもなかなかです。

入荷情報

ニホンイシガメ入荷しました。

アダルトメス約19㎝、オス約13㎝

人口飼料餌付け済

ヨツユビリクガメ

入荷しました。通称ロシアリクガメ。

あまり大きくならないリクガメで、温度もそれほど気にしなくても良いので人気があります。

草を良く食べ非常に元気です。

 

今年初の産卵

ニホンイシガメの今年の最初の産卵は6月9日でした。

イエロー系のスペースで9個の卵を回収。

毎年、ほぼ同じこの時期に産卵が始まります。

卵を回収する際、上下の位置には気を使いますが、卵に付いた土はほとんど気にしていません。

砂や土が付いた状態でも、これまでほぼ100パーセントに近い孵化率で有精卵は孵化してですので、問題ないと思います。

これから9月位にかけて沢山の卵が生まれます。

オレンジ系メス

濃いオレンジが眩しいメスのニホンイシガメの写真です。

手足のオレンジもベッタリの派手系メスです。

 

今年も冬眠を無事に終え、元気に餌を食べています。

 

 

 

 

 

光沢ブラック


ニホンイシガメの腹甲は基本的に黒一色ですが、この個体はギラギラした黒が腹甲に入っています。

写真では分かりにくいですが、茶色ではなく光沢のある黒といった感じです。

汚れや剥離等ではありません。

恐らく地域差だと思いますが、ちょっと変わった個体です。

※右の写真は背甲写真

 

スノー

大人気のコーンスネークのスノー。

鱗のピンク色がきれい!と言う人が多いですが逆の反応をする人も当然います。

ベビーの時は透明感もあるので、近くで見るとちょっと桜餅っぽい色合いですね。

ニホンイシガメの顔

ニホンイシガメのアップを撮ってみました。

左の子は、鼻が少し短く愛嬌のある顔をしています。

真ん中の子は、頬っぺたの黄色が濃く、おとぼけな感じです。

右の子は、シャープな感じで目の上にオレンジも入っていてなかなかの美人さんです。

甲羅の色だけでなく、顔も見て気に入った個体を選ぶのも良いかもしれません。

コーンスネーク

ノーマルのコーンスネークです。

数えきれないほど沢山のモルフがありますが、ノーマルも結構綺麗です。性格は基本的に大人しくハンドリングもしやすいので、初めてヘビを飼育する方などにおすすめです。

 

オキナワシリケンイモリ

沖縄に分布するイモリです。

本州のアカハライモリと違い腹面は指の先までオレンジ色で、多くの個体が背面に金色の斑紋が入っています。アカハラに比べると陸にいることが多いですが、飼育自体は難しくありません。日本固有のとても綺麗なイモリです。

ヒョウモントカゲモドキ

レオパの中で人気が高い品種のスーパーマックスノー。

ダルメシアンのような斑点と黒目が特徴です。

 

種子島産ニホンイシガメ

二ホンイシガメ生息地の最南端である種子島産。

派手さはありませんが、成長を楽しむことが出来ます。

 

成長線

亀は成長線というものを見ると、一定の期間にどれくらい成長したのか判別することができます。

写真は2015年に孵化し、冬季中は加温飼育したニホンイシガメの腹甲です。

放射状の線がある部分が約1年で成長した部分となります。

冬眠した場合には、その期間は成長が止まるのでいわゆる年輪が現れます。

パイナップル?

甲羅に差し色の入ったニホンイシガメです。

パイナップルみたい、との声がありましたが、どうでしょうか?

成長するにつれ濃い色の部分の比率は小さくなりますが、消えることはなさそうです。

ニホンイシガメ レッド系


レッド系から産まれた赤みの強い個体です。                             (左:ノーマル、右:レッド系)

写真では色が分かりにくいですが、光が当たると甲羅がキラキラ輝き、見方によっては赤メタリックに見えます。

ニホンイシガメ続々孵化

新たに約40匹のニホンイシガメが孵化しました。

ノーマルやレッド系が孵化しています。

続、孵化情報

新たに約30個ほどの卵が孵化しました。レッド系やイエロー系なども孵化しています。

順次、販売中にアップする予定です。

 

オレンジスポット系

去年生まれた繁殖個体の写真です。上からイエロー系、ダーク系、オレンジスポット系です。

人気が一番あるのはイエロー系です。

ダーク系も渋いのが良い、と意外に人気があります。

部分的に濃いオレンジが入る系統が個人的には好みですが、特に呼ばれている表現がなさそうなので、かってにオレンジスポット系とネーミングさせて頂きました。

成長について

今年生まれの子と2015CBを並べて大きさの比較をしました。

約1年で倍以上の大きさになることが分かります。

屋外飼育で日光をしっかり浴び、餌を十分に与えると成長が早まります。

 

甲羅の色は、孵化した段階で赤や黄色が際立っている子もいれば、成長して徐々に発色してくる子もいます。

色の変化を見るのもニホンイシガメを育てる楽しみの一つです。

 

今年のベビー トップ組(2016CB)

孵化した子たちが餌を食べ始めると、孵化日と親が分かる印を付けて個別管理するようにしています。

一緒に入れるとすぐに尾切れになってしまうので・・・。目の前で、ちょこちょこ動くしっぽは、よほど食欲をそそるのでしょうか?

ニホンイシガメ孵化

二ホンイシガメの孵化が始まりました。

現在、約20個ほどの卵が孵化しています。CB個体はヨークサックが吸収されるとすぐに人口飼料を食べるようになります。

7月後半に孵化した個体の販売を来週位から行いたいと思います。

モルモット誕生

モルモットのベビーが4匹生まれました。モルモットはお腹の中でしっかり育ってから生まれてくるので、誕生した時には毛がしっかりと生えていて、親を小さくしたような可愛い姿で生まれてきます。(写真は生まれた日に撮った写真です

現在、母乳を飲んでいますが、すぐに親と同じものを食べるようになります。

ヒバカリ産卵

ヒバカリが産卵しました。

体の太さと同じ位の大きさの卵を産みます。今回は8個です。

ヒバカリはとても温厚な性格でハンドリングも出来ます。メダカ等のエサが確保できれば非常に飼育しやすい種類です。

ニホンイシガメ産卵

今年の最初の産卵は6月2日でした。発生が始まっているので有精卵です。これから産卵ラッシュが始まります。

抱卵中のメス

産卵が近づいたメスはしっぽの周りも明らかに膨らんできます。この時期になると、エサもほとんど食べなくなります。

産卵場所準備

 

産卵の時期が近づいてきたので、ニホンイシガメ用の産卵場所の砂を増量しました。

 

常に見ているわけではないので、砂場をある程度平らにならしておいて、産卵の為に掘った痕跡が分かるようにしておきます。

 

他のカメが同じ場所に穴を掘ることが時々あります。その場合、前の卵は割られてしまうことがあるので、産卵された卵はなるべく早く回収するようにしています。

子ガメの食事

咲ひかりを与えています。

一生懸命に食べながらも、こちらが気になるようで可愛いです。

餌やり風景

今はまだ冬眠明けの寝ぼけ顔ですが、もう少し暖かくなると、またこの元気な餌食いの風景を見ることが出来ます。はやく暖かくならないかな~!

写真の親から生まれる子亀はイエロー系になります。

 

ボールパイソン

ボールパイソンの名前の由来通り「ボール」になっています。つぶらな瞳と犬っぽい顔から、カワイイと言う人が多いのもうなずけます。

二ホンイシガメって何年生きるの?

2007年のジャパンレプタイルズショーで最優秀賞を頂いた、このニホンイシガメ・・・あれから約9年経ちましたが、まだ元気に生きています!40歳超えています‼

 

二ホンイシガメ オレンジ系

甲羅の一部に濃いオレンジが入るタイプ。オレンジ系は足や頭にもオレンジが入ることが多い。